島オブジェ

※上級者向けに書いてます。初心者の方にはわかりにくいかもです(´;ω;`)※


島オブジェのミニハニワを置くことで野良キジムーが島に来てくれることは、みなさんご存知の方も多いかと思います。

島オブジェを揃えていくことによって、ペットの育成がはやくなったり、栽培結果が変わったりしますが、ここではペット育成に力をいれたい!という前提で島オブジェの構成を考えていきます(。・ω・)ノ



島オブジェとは?


メニュー→ログアウト→島へ→自分の島へ→編集モードで自分の島へはいってみると、何もない方は丸い島に旗が1本立っている状態です。

左メニューの島OBJというのが島オブジェですが、置けるアイテムを持っていればここから設置することができます。


ペットをはやく育てられる、これが島オブジェを揃えることの一番のメリット♪

そのために必要なことを簡単に紹介すると、以下の3つになります٩( 'ω' )و

1.ペットの属性は1つか2つに絞る。
2.島オブジェは、属性値が高く、ペット属性となるべく被っているものを選ぶ。
3.複数の種類を3つずつ揃える。

です!それでは詳しく見ていきましょう。

まずは、1.ペットの属性は1つか2つに絞る。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

理由は単純に、ペットの属性が複数個(火、闇、水、風とか)あると、島オブジェをそれだけたくさん準備しないといけないので、お金もかかって大変だからです(つД`)ノ
なので、キジムー5匹を飼ってる方は地属性のみに焦点を当てて考えていただけたらokです。ちなみに私は、闇属性2匹、無属性3匹の2種類なので、オブジェも闇と無を中心に構成してますヾ(=・ω・=)o


つぎに、2.島オブジェは、属性値が高く、ペット属性となるべく被っているものを選ぶ。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

地属性のキジムーのみの方は、地属性オブジェを属性値の高いものから揃えましょう。何のオブジェが属性値いくつかについては後から表を載せます♪

続いて2種類(と仮定)の属性のペットを飼っている方は、その2つの属性値が高いものから揃えましょう。
例えば私の場合、
刀一式 無属性値9 闇属性値0
鎧飾り 無属性値5 闇属性値7
この2つを比べて見ると、無属性だけに限れば刀一式のほうがいいですが、闇属性も育てたいので、属性値を二つもっている鎧飾りから揃えるのがお財布的に効率がいいですねd(´ω`*)

だいたい属性値5以上のオブジェを候補に考えるといいと思います。


そして、3.複数の種類を3つずつ揃える。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

上記のことを踏まえ、ひたすら属性値が高いものを置きまくればいいのか?!というと、少し違います(。・ω・)ノ

3つまでは、その属性値は1.0倍として計算されますが、4つ目以降からは0.7倍、0.5倍…と1つあたりの属性値がだんだん低くなっていきます。
【オブジェ1つあたりの属性値率】
1~3個→1.0倍
4~5個→0.7倍
6~9個→0.5倍
10~11個→0.4倍
12~20個→0.3倍
21~30→0.2倍
31~128個→0.1倍

なので、無課金オブジェは置きまくっても損ではありませんが(置けるオブジェ総数は決まってるので、あくまで課金オブジェを置いた上でまだ置けたらの話)、効率良く課金オブジェを置くならば、1.0倍で計算される3つずつ!これが鉄則です。

つまり、ミニハニワを30個置くより、10種類のオブジェを3つずつ置いたほうが断然効率がいいという意味です(((o(*゚▽゚*)o)))


ふむふむ…
ここまではご理解いただけましたでしょうか?(*゚∀゚*)

ではでは、2種類の属性ペットを育てたいけど、何のアイテムが効率がいいんだ!という方は、下の表を参考に集めていただければと思います♪

ここでは、属性値が5以上のオブジェのみ載せてますので参考までに(((o(*゚▽゚*)o)))

※画像クリックで拡大表示になります。各自保存可です。※

地属性のみモデル(例)

・秋島 9

・のぼりA 8×3=24

・かぼちゃ机  8×3=24

・キャンディH 8×3=24

・岩風呂 8×3=24

・ベンチB 7×3=21

・檜風呂 7×3=21

・大きい木 7×3=21

➡︎合計 168地属性値


とりあえずこんなもんかな?(疲れたw)


季節限定のものや新しいものは、情報が入り次第載せていきます。


それではみなさん、よき島ライフを!